管路事業Maintenance

ケンセイの管路事業

災害や老朽化によって下水道管路が破損すると、下水が溢れて環境が悪化したりトイレが使えなくなるなど、人々の日常生活や経済活動に大きな支障をきたします。 このような懸念を取り除くために欠かせなのが、定期的な清掃・調査といった保守点検と、管路の計画的な維持管理・耐震化(管更生工事)です。 都市部の管路施設が耐用年数に達しつつある今、ケンセイは見えないところで下水道管路を守り、社会基盤を支えています。

受注実績(管路)はこちら

各種メニュー

オールライナー工法

オールライナー工法

EX・ダンビー工法

EX・ダンビー工法

CPSシステム工法

CPSシステム工法

クリスタル技術工法

クリスタル技術工法

耐震一発くん工法

耐震一発くん工法

清掃及び調査業務

清掃及び調査業務

各カテゴリートップへ

管更生工事について

地中に埋設されている下水道管を、掘削等の開削工事を伴わずに非開削で補強・修繕する工法です。
開削によるリニューアル工事は、対象管渠を掘り起こして新管を埋め戻す作業となり、工事期間中は流下汚水を迂回させる必要が出てきたり、 他の埋設物件への被害に配慮したりと、交通事情が厳しく地下構造が複雑な都市部では大きな障害と成り得えます。
管更生による手法は、既存のライフラインをそのままに最小限の占有スペースで施工可能であり、1スパンを基本的に1~2日で完了できるなど、 開削工事と比べて多くのメリットがあります。

更生材料には温水や蒸気、光(紫外線)などに反応する合成樹脂を利用します。 現場条件や材料特性、経済性などの研究・開発が進み、以下のような工法タイプが確立されています。

■現場硬化管(CIPP)タイプ

工場で含浸・積層させた材料を管内で現場硬化させるタイプです。ガラス繊維強化を加えることが可能であり、厚みと強度を両立できる所もこのタイプの強みです。
使用材料には熱硬化性・光硬化性を利用できる不飽和ポリエステル樹脂(UP)、ビニルエステル樹脂(VE)などがあります。
また、熱や光を利用せずに、現場で含浸させた材料を管内で常温硬化させるタイプもあります。 部分的な補修に利用されることが多く、材料にはエポキシ樹脂(EP)が主に使用されます。
年間で約300~400kmの実績があります。

現場硬化管(CIPP)タイプの工法

■密着管(クローズフィット)タイプ

工場製品を熱で軟化させて挿入、管内で形状復元させるタイプです。施工時に化学反応を必要としないため、品質は非常に安定しています。
使用材料には熱可塑性を利用できるポリ塩化ビニル樹脂(PVC)、高密度ポリエチレン樹脂(HDPE)などがあります。
年間で約50~100kmの実績があります。

密着管(クローズフィット)タイプの工法

■嵌合組立(製管)タイプ

主に管径φ800mm以上の大口径管で利用されるタイプです。 スパイラル式(螺旋嵌合)又はセグメント式(パネル嵌合)で管内に更生管を組立てた後、既設管との隙間を特殊なモルタルペーストで充填する工法です。
使用材料には嵌合用に加工されたポリ塩化ビニル樹脂(PVC)、高密度ポリエチレン樹脂(HDPE)などのほか、補強鋼材が含まれる場合もあります。
年間で約100~120kmの実績があります。

嵌合組立(製管)タイプの工法

■連続挿入(鞘管)タイプ

専用に加工された新管を連続挿入するタイプです。ステンレス(SUS)や強化プラスチック複合管(FRPM)などを利用します。 柔軟性の低い材料を使用するため、施工条件はある程度限定されますが、物理・化学反応の利用が困難な環境では優位性があります。

その他、類似工法として建物内の給排水管ライニング(φ200mm以下)が挙げられますが、こちらは技術体系が異なるため、 下水道用の更生工法では対応できません。

いずれにおいても、既設管に対して更生材を内面被覆させると下水道管路には強固な二層構造管が構築されます。 耐久性や追従性など耐震性能の向上が期待できるため、地震対策としても有効な修繕方法となります。
現在、管路の総延長は47万kmと膨大なストック量ですが、道路やトンネルなどの社会インフラと同様に近年、老朽化による更新時期を迎えています。 管更生工事による改築・更新事業は、スピードと安全性を兼ね備えた有効な老朽化対策となっています。

【まとめ】管更生工法(下水道)